群玉閣再建2

2022.01.07(Fri) | EDIT

建造されてますね。
やっぱり結構おっきい。
群玉閣1

とりあえず後必要なのはこの2つ。
②千奇核心
③仙家呪符

翌日現場に行ってみると北斗と雲菫に出会いました。
2人も旅人と同じく凝光の依頼物を探してるみたい。
群玉閣2
効率よく探そうということで3人で手を組むことに。
まずは千奇核心を探すためにまずは璃月の鍛冶職人の章さんのもとを訪ねました。

群玉閣3
章さん曰く、千奇核心を作るには『砕星鉄鉱』と『秘華石』が必要。
ということでその2つの素材を探しに天衡山に行くことに。

群玉閣4
天衡山で石を探してるとき、雲菫から『神女劈観(しんにょへきかん)』という物語が語られました。
これは今度雲菫が演じる劇の演目。
物語とはいうけど、もともとこの天衡山であった実話をもとに物語化したもの。
内容は簡単にいうと・・・

村を襲ってきた魔物が村の住人に要求をします。
『子供を生贄に差し出せ』
誰を差し出すか村人たちが悩んでるとこに、1人の少女が現れて『自分が生贄になる』と言います。
少女は魔物のものとに行って生贄になる・・・わけではなく、持っていた剣で魔物を倒す。
勇敢な少女の物語。

この物語を聞いた申鶴は感心しつつも言います。
群玉閣5
『その少女は語られているほどに勇敢なものではなかったのではないか・・・』



とりあえず砕星鉄鉱はゲット。
残りの秘華石については近くの村人から情報を集めようということに。

群玉閣6
近くの村で手がかりを探してたら、申鶴の知人と思しき人に出会います。
名前は明俊。
何を隠そうこの人、さっきの物語の当事者。
物語の真実はこんな感じ。

少女(申鶴)は妖魔退治の分家に生まれた。
でもすぐに母親が病に倒れる。
父親は病を治す方法を探したけど中々見つからない。
ある日明俊からとある方法を教わる。
神を呼び出す法をもちいて神を呼び出してお願いする。
上手く神を呼び出して、自分の命と引き換えに妻を直してほしいと願ったが神は沈黙したまま。
その代わり神は少女の方を指さした。
少女はもともと『周囲に仇なすもの』と言われていて、今回の母親の病もこの子が災いしたのだろうと神は言う。
少女はとある山洞に捨てられた・・・。


ひどすぎる・・・。
この話に出てくる『神』って実際は魔物だったのかな。

群玉閣7
まぁ何はともあれ、無事②と③を納品できました。
群玉閣8
群玉閣の昇空儀式に招待されることに。

群玉閣9
浮上したー!
いやぁ・・・こういうの乗ってみたいよぉー。

群玉閣10
ハッスルしてたのもの柄の間。
すぐに海の魔龍が出現。

また君かね・・・(´・ω・`)

と思ったら前回のとは違うみたい。
群玉閣11
『渦の余威』跋掣(ばっせい)
前に倒した『渦の魔神』オセルの妻。

前回群玉閣を落っことしてオセルを倒したことで、群玉閣に対して並々ならぬ恨みをもった模様。
なので群玉閣再建と同時に恨みを晴らしに来たみたい。

凝光は北斗経由で最近の璃月周辺の海の様子がおかしいことを知って
もしやということで今回の群玉閣再建という囮を使ったみたいですね。


前回同様仙人たちの協力を仰ごうと提案したら
群玉閣12
今は璃月は人間が統治する時代
璃月の人たちは自分たちの力で解決する必要がある。

群玉閣13
刻晴は弧雲閣から帰終機で攻撃

群玉閣14
北斗は海上から攻撃

アツい・・・。
この展開はアツい・・・!

群玉閣15
巨大津波を起こしてきたので旅人が阻止しようとしたけど・・・失敗。
ヤラレタ・・・(;#)Д` ;)
申鶴に助けられた。

群玉閣16
他人のため力を使いたいと思ったとき、人間社会にも溶け込むことができるだろう
という師匠の教えがようやく理解できた時ですね。

申鶴・・・子供の時点で『周りに災いをもたらす子』というレッテル貼られて
しかも実の父親に『死んでくれ』って言われてますからね。
今更そんな人間社会に溶け込めって言われても・・・なかなか無理がありますよね。

群玉閣17
申鶴の活躍でなんとか撃退。

群玉閣18
群玉閣にいってパーてーを( ・∀)人(∀・ )


群玉閣19
宴会の中の舞台で雲菫の劇を見ることに。
もちろん演目は『神女劈観』

群玉閣20
ただ雲菫の父親が製作したオリジナルに
雲菫自身が今回の件で追加要素を加えたものを披露

群玉閣21
友達を見つけられた申鶴


『神女劈観』の意訳

『ああ---いと嘆き---』
『秋の酒面雁は二羽より一羽へと』
『痴れ人は怨嗟に狂い果て』
『邪悪なる祭礼 災い招き』
『おなご剣を抜かざらば 皆死していた』
『凡との縁を断ち 仙との縁を結び』
『天倫より見放さるるも 仙に受け入れられ』
『朱色の糸と共に 悠久の刻が過ぎ』
『過去は儚く散りゆく』
『鶴が家に帰した時 昔日の面影はとうに失せ』
『蜘蛛の巣と霊旗だけが漂い』
『全ての因果 俗世との結びが』
『煙のごとく消え去った』

本来『神女劈観』はこれにて幕を閉じます
ですが本日 それにもう一筆加えて
皆さんに---お聞かせいたしましょう---

『そなたの高き品は必ずや理解され』
『そなたの知音となる友がきっと現れる』
『花槍と剣はまるで流星のごとく』
『怒涛の波に放たれ 海を鎮めん』

かつて鶴が帰した時
天地のどこにも拠り所がなく
一人孤独に去りました
ですが今は
新旧の友が席を埋め
共にこの時を過ごしております



群玉閣22
なんか気づいてみると、新キャラ同士がほんと綺麗に共演してましたね。

あと今回は璃月の自立っていうのもテーマですよね。
岩神は何で自ら死を選んだのか。
この理由を直接言われなくても、璃月のリーダーたちは当たり前の意識として理解してるんですね。



とにかく群玉閣が落ちなくてよかった・・・。
今後もこのまま群玉閣は自由に出入りすることができるのかな・・・?

で今回のムービーでまた武器検証ができましたよう。
刻晴はこれ
刻晴
意外な・・・武器だけど・・・相性は普通によさそう。
なるほど。


甘雨は・・・多分『アモスの弓』っていうのだと思う。
もってないから詳細わかんないけど。
アモス
☆5だよ。
上司よりもレア度良いの持ってる。
師匠からもらったのかな・・・。


そういえば今回の一件。
よーく考えてみたら・・・全部タルタリヤが悪い。

タルタリヤ
きみがね・・・ほんと余計なことしてくれたおかげで
みなさんこんなに苦労してるんだよう・・・(´Д`)-3

Category: 原神 > ストーリー

14:48 | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

やまひつじ #-

璃月のストーリーは熱いよねぇ。オセルのときも思ったわ。
まぁモンドは自由な気風だからストーリー展開しづらそう。
桜や花火があるから春、夏は稲妻で大きいイベントやるのかな?

雲菫の歌劇?すごかった!あれは中国の声優さんがやってるやつなんだろうか?伝統芸能的な?日本の声優さんが歌ってるわけじゃないよね?

2022.01.07(Fri) 17:51 | URL | EDIT

あいす #-

モンドは金リンゴ諸島やったからねぃ。
ひつじさんいなかったかな。
あれは感動っていうよりは冒険って感じだったかな。
モンドらしい感じ。

なんか雲菫は声優さんの欄にことりさんともう一人中国名の人が並んでるからその人だと思う。
圧巻だった・・・。

2022.01.07(Fri) 22:30 | URL | EDIT

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

あいすさん

Author:あいすさん
原神たのしい

あしあと(*´ω`*)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR