エターナルみちくさ日記

ひまひまブログ

ルカインの城 

pso20170909_093212_000_R.jpg
久しぶりにPSO2にログインしたけど
なんというか・・・
等身が違いすぎますねw

みてくださいこの違い。
snapshot_20170909_093646_R.jpg
PSO2はほぼほぼ実物大。
星界神話はアタマがおっきいです。
まったく別ものです(ノωノ)

どっちがどっちというより
どっちもかわいいです・.*:+:(n'∀')η:+:*.・

それにしてもPSO2やってるときはあんまり気にもしなかったケド
キャラクタークリエイトのクォリティの高さの割に、データの読み込み速度の速さには驚かされます。
星界神話で次元の狭間に突入するとほぼほぼ固まりますけど、PSO2の緊急では一度もありません。
防衛系とかはかなりの数の敵が出現するんですけどね。
この違いは凄いです。
なんか軽くする秘密のノウハウがあるんでしょーか(*'ω'*)

キャラ周りのデータ的には・・・どうなんでしょう。
やっぱりPSO2のほうがデータ量は多いんじゃないかなぁなんて思うんですけどね。
いろいろ細かいキャラメイクしてるわけだし・・・w

むずかしいことはわからないけど、やっぱり一流企業なんですねSEGAさんは(*´∀`*)



そいえば。
カエルさんに言われるまですっかり忘れてたんだけど
snapshot_20170909_095238_R.jpg
ルカインの城
そーいえばあったんですよ、こんなダンジョン。
すごく見つけにくいとこにあるから完全に記憶のかなたでしたw

とりあえず行ってみました。
ノーマルのほうは特に難しい場面はないと思います。
ちょっと変わったデバフで、ルカインの魔力重圧というデバフでこちらのクリティカル率を大幅に下げてきます。
下げるどころかマイナスになります。
snapshot_20170909_072936_R.jpg
単に下げてくるだけで時間経過で解除されます。
その分戦闘は長引くけど、これと言ってほかになにか強力な攻撃をしてくるわけでもないので
装備がしっかりできてればノーマルもPTもごり押しでOKなのだと思います(*´∀`*)

snapshot_20170908_194042_R.jpg
ドロップの目玉はルカインシリーズのアクセサリ
現物がBOXで出るんですね。
ただまぁ、そうそう落ちるものでもないと思います・・・
レアアイテム(*´∀`*)・・・


PTのほうは29階で時間切れでした。
20階まではすいすいこれたんだけど、
25階のマジニでちょっとつまずき。
snapshot_20170908_234423_R_2017090910040238d.jpg
DOT床をあっちこっちに生成するんですね(*´∀`*)
ノーマルのほうは有無言わさず倒してたけど、PTのほうはそうもいきません。
けっこDOTが痛いんです(ノω\)

なかなかてこずらせてくれましたけど、
うまーく移動しながらいけば何とかなるものですね。
装備それなりにあれば倒せるものです(*´ω`*)

そいで29階で時間切れ。
30階までは行っておきたかった・・・!

40階層まであるので、あいすさんはまだまだ力不足というとこです。
半分ちょいしかいけてない・・・( ;・∀・)
できればPTで行って周回したいとこです。
ルカインシリーズのアクセサリはなかなか強力ですからね(*´∀`*)

snapshot_20170907_220225_R.jpg
ノーマルのほうの最後はこの毛むくじゃら(ルカイン)です。
PTのほうも多分おなじ・・・(ダヨネ?)

ただ、
この毛むくじゃらよりも、その手前ででてたドラゴンのほうが絶対強いでしょ・・・
って思ったのはあいすさんだけではないはず。。。( ´・ω・)


いろいろダンジョンで死んでて気づくけど、
装備がある程度ある状況で敵に勝てないってパターンのほとんどは
DOTですよね。
ほんとこわいですDOT。
雑魚が床にばらまく系DOTを集団で一斉にやられるとひとたまりもないです。
ボスもそういうのありますよね。
単に棒立ちではダメってことですわぁ・・・
(*´ω`*)耳が痛ーい

いやらしいパターンはばらまく系のDOT床がなかなか消えてくれないことw
どんどん生成されるとたまったものではないので、
避けるときもやたらと空いてるとこに避けるんじゃなくて
時計回りとか直線とか、ある程度決まった避け方をしてかないとダメですね(*´∀`*)
広い場所ならともかく、こういうルカインの城みたいな狭いとこは特に。

2017/09/09 Sat. 10:33  edit

Category: 星界神話

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △